るんるんリタイア暮らし

57歳で34年務めた会社を退職。現在リタイア生活をエンジョイ中

健康について

ひとり者はこの先老いてきたときのことを考えると不安だ。

 

誰にも頼らず、誰にも迷惑をかけずに最後を迎えたい。

そして可能な限り健康でいたい。

 

医学的な健康については語る資格も知識もないが、自分なりに健康について日ごろ感じていることを整理してみよう。

健康には肉体的な健康と精神的な健康がある。 

どちらも欠かすことができない大切なことだ。

 

①腹が減り、飯が旨いこと。

腹が減り食べるものが旨いというのはとても大事だ。食べすぎには注意しよう~(^^;)

②ぐっすり眠れること。

やっぱりぐっすり眠れると気分もすっきりし活力が出てくる。昔会社員時代は睡眠導入剤などを飲んでたこともある。途中覚醒がひどく毎日が辛かった時期もあった。

人間プレッシャーや悩みなどが過度にあると眠れなくなったりする。オレもこう見えてけっこうデリケートにできているのだ(笑)

③体に悪いところがないこと。

腰痛だとか、膝が痛いだとか、または歯が痛いだとか、何も身体的に問題がない状態であることはとても大切だ。日ごろから自分の問題個所についてはケアして健康を保つ必要がある。

④行動できること

新しいことにチャレンジするとか、まだ行ってない場所に行ってみたいとか、新たな出会いを求めるとか、物事に興味を持ち自ら行動できることは健康のバロメーターだ。

⑤笑うこと

笑うことは健康にいいらしい。逆に言えば、笑えない状況は健康ではないということになる。心に余裕があり、なにか幸せな状況にあれば人は笑うことができる。

⑥心配事を心配し過ぎない

人は誰でも多かれ少なかれ心配事の一つや二つはあるものだ。当たり前だ。

でも心配し過ぎないでいられる状態であれば健康だ。

自分ではどうしようもできないほどの心配事を抱え、過度に悩むと最終的には自殺に至るまで追い詰められてしまうこともあるだろう。

一定の量までは薬だがそれを超えると毒となる。

悩みは人生に必要だが、いい薬のレベルで悩みたい。

 

まだまだいっぱいあるかもしれないけど、まあこんな感じ。

この先、癌だとか病気になってしまった場合は運命だから仕方ないこともあるが、そうではない限りは健康でいたい。

すごく長生きしたいとは思わないが、健康で元気はつらつでいられる期間を大切にしたい。

この「るんるんリタイア暮し」のブログも、るんるん出来なくなった時が終了となる(^_^;)

いつまでも、自分勝手なくだらないゴミ文章を書き続けたいものだ(笑)