るんるんリタイア暮らし

57歳で34年務めた会社を退職。現在リタイア生活をエンジョイ中

リタイア後・・・束縛がない世界

リタイアして無職になると、あらゆる束縛から解放されます。

特に時間的な拘束がほとんどなくなります。

(おひとり様の場合特にね・・・)

 

考えてみれば人間って物心ついて幼稚園や小学校に行き出してから会社を辞めるまで、何十年もずーーと常に時間に束縛されて生きていますよね。

 

朝・・・もう起きなきゃ・・・・

会社(学校)に遅刻しちゃう・・・・(^^;)

 

リタイア後だって人と会う約束があったり、飛行機に乗るために空港に行くなど、もちろん時間を守らければならない機会もありますけど、普段の日常はほとんど時間に縛られることがなくなります。

 

つまりそれはどういうことかというと・・・・

意思を持たないと行動できなくなるということなのです。

 

今日なにもしなくてもいい。

明日もなにもしなくてもいい。

 

腹が減ったら飯を食べ、食料が無くなったらスーパーに買い出しに行き、必要に応じて、最低限のことさえしていれば生きられます。

(なんか動物みたいですねぇ・・・・汗)

 

何か「したい!」という気持ちがないと、人間って行動できなくなるんです。

 

行動するにはモチベーションがとても大事なんだってことが、リタイアし拘束されなくなるととても実感します。

 

したいことは、モチベーションも高いので自然と行動できます。

それは、仕方ない・・・やらなきゃ・・・・という気持ちではなく、

よし!やるぞ~!!というつらつとした気持ちだから当然ですよね。

そういう行動は全く苦はなりません。むしろ楽しいでしょう。

 

興味のあることがない・・・

したいことが見つからない・・・

なにをしていいのかわからない・・・

 

そんな状況に至ると、リタイア後はとても辛いかもしれません。

 

 

リタイア後は、現役時代にできなかったことや趣味など、単に生きるということにプラスして何かしたいことを持たなければ楽しくないし元気になれない気がします。

 

つまり、生きる以外のことに費やすお金もある程度は必要ということですね。

幸い私の場合は、それほど大金が必要な趣味でもないので今のところ楽しく過ごせていますけど、基本は「自分自身がしたいこと」でなければ意味ないですから(^^;)

 

仕事をしている毎日だと、強制的にいろいろなことをしなければならない環境だから、あっという間に一日が終わってしまうと思いますけど、自由になるといかに自分のモチベーションを保って行動できるかが大切なんだな~て痛感します。

 

こうしてほぼ毎日のようにブログを書いています。どんなくだらない内容であっても、つまらないトピックであっても、自分が書きたいことを書いています。

 

書きたい!と思えない時は書けないと思うし、たぶん書かないでしょう。

 

リタイア後のこの3年半、私はどちらかと言えば好奇心旺盛な方で、経済的に許される範囲で様々な事にチャレンジしてきました。

 

やりたいことだけを悔いなく楽しくやってきました。

 

しかしそのモチベーションをずっと維持していられるかと言えば難しいです。

人間ですから、浮き沈みや迷いは必ずあります。

そうなると堕落し屍のような暮らしに堕ちていってしまうことはいと簡単です。

私は現在酒も煙草もやりませんが、アルコールが好きな人が毎日酒浸りになるのも簡単な事でしょう。

私も一日なにもできなくなってしまう日もあります(^^;)

 

もしも長生きできて、80歳とか90歳とかになれたらどう思うのか?は見当もつきませんが、61歳の今、まだ次々湧き出てくる興味に対して精一杯行動しようと思っています。

(ときどき怠けて堕落もしますが・・・・・汗)

 

いつか来る束縛のない世界・・・どうぞ想像しておいてくださいね(^^)v