るんるんリタイア暮らし

57歳で34年務めた会社を退職。現在リタイア生活をエンジョイ中

老いた時のシミュレーション

今日はめちゃめちゃ暖かい絶好のサイクリング日和らしいが、残念ながら一日寝たきり老人だ。まだ腰痛が治らず自転車どころではない・・・・(´;ω;`)ウッ…

 

人間はかならず老いていく。誰でもかならず老いる。

 

今はまだ自転車乗って100キロくらい余裕で走れるし、脳みそもそれほどバグってはなさそうだし、年齢的な衰えはあるにせよ至って健康だ。

しかし、こうして腰痛になり自由を奪われると、将来こうなるかもしれないんだなぁ~と考えざるを得ない。

 

よく、すごーーくゆーーーくり歩いているご老人を見かける。

ほんとにゆっくりしか歩けない。いつかはオレもてきぱき動けなくなるんだなぁ・・・・

 

腰痛になると、ベッドから起き上がったり階段を登ったり下りたりも辛い。

オレは100均で買った杖を持っている。そう。以前も腰痛でお世話になった杖だ。

杖一つでずいぶん楽になる。

ちょっと起き上がる時や、かがんで物を取るような時は杖がないと腰痛の時は難しい。

きっと老人になった時も杖が必要になるんだろう・・・・・

 

今、目の前にある自転車たち・・・・

もう乗れないんだろうなぁ・・・・・

欲しい人にあげるかメルカリで処分するか・・・・

 

ハードな旅もなかなか難しいだろう。

せめて近場の温泉にバスで連れてってくれるようなツアーくらい行きたいなぁ。

 

昔と比べると、脳みそと手先それに目が見えるうちは、こうしてインターネットでブログ書いたり、いろいろできるからいい時代になったのかもね。

 

ネットが無かったらどうすればいいんだろう。

カメラで庭の草木の写真撮ったりすることくらいは趣味としてできるね。

手書きで日記を書いてもいいかもしれない。

 

腰痛で辛くても、腹が減ったら何か食べないとならないし、トイレだって行く。

ひとりで生きている以上、まったくの寝たきりでは生きれないのだ。

 

もう家にあまり食べ物のストックがないが、それでも何か見つけて食べている。

コメがあるから何かしら胃袋を満腹にさせることができるけど、いずれはスーパーに買い出しに行かなければならないなぁ。

これからはネットスーパーやロハコなどいろいろ駆使すれば食材も揃うかもね。

 

でもそんな生活を続けていては、きっと次第に筋肉も衰えていき、ますます動けなくなっていくんだろう・・・・

 

腰痛を機会にそんなことをあれこれ考えた。

 

まだまだ身体が動くうちは、ほんとそのチャンスを無駄にしちゃいけない。できなくなったらもう二度とできないのだから・・・・・

 

もし老いて身体が不自由になったとき、素直にその現実を受け止め、その時できることで満足を感じなければいけないなぁ~。

 

まずは早く腰痛治さないとなぁ~~(^^)v