るんるんリタイア暮らし

57歳で34年務めた会社を退職。現在リタイア生活をエンジョイ中

海外渡航前の歯の治療

今日はまた歯医者の日だった。

 

思えば昨年の11月、和歌山県南紀白浜に一か月の長期旅に出掛けた時、突然虫歯が痛み出した・・・(^^;)

 

旅中はだましだまし過ごし、家に帰って急いで歯医者に行った。

 

それから7カ月・・・・・・・

いまだに毎月1回か2回、歯医者に通っている(^^;)

 

いったん虫歯の治療は休止中で、歯科衛生士さんの歯のクリーニングや歯磨きの仕方などの指導になった。

 

「あの~、来月から2カ月海外行く予定なんですが、いつまで続きますか~?」

(実際は1カ月だが、もしかしたら延長するかもしれないからね・・・)

 

歯科衛生士に聞いたら、一旦治療に戻りましょうと今回は先生の治療になった。

 

「違う歯でもう一つ虫歯があるからそこを治療しましょう」

 

いつものように麻酔をされ、がんがん歯を削られ、神経も取られ、レントゲンも取られ、痛み止めの薬も出された。1時間以上もかかった(^^;)

 

「お会計、2240円です」

 

先月は歯科衛生士のお姉さんが、15分か20分歯を磨いたり歯石を取ったりしただけなのに2220円だった。

今日は1時間以上も治療していたのに・・・・

 

領収書見たら、前回のお姉さんの時は、初・再診料60点、医学管理費560点、処置120点となっている。

今回の先生による治療は、初・再診料60点、医学管理費10点、処置618点、投薬59点だって!

 

まったく意味がわからない??

 

おかしいんじゃない?って疑いの顔して質問することもできず、言われるがままに、この7カ月従順に通い続け、1700~2300円くらい毎回払っている(^^;)

 

感覚で言わせてもらえれば、先生の1時間以の治療が2240円なら、歯を15分程度掃除するだけの日は500円でもいいと思うけどな~(^^;) 保険で3割負担なんだし。

 

しかし万が一旅先で最悪歯医者に行かなければならない事態になったら大変だ。

旅先で通院なんてできないしねぇ。いろいろめんどくさい。

 

まして海外に長期旅に出るなんて時は、歯だけは万全の状態で出かけたい。

外国で歯医者なんて考えただけで大変だ~(^^;)

 

だから言われるがままに従ってるけどさ・・・・・

 

このまま1年でも2年でも通わされるのかーーーー???

 

もう歯医者変えたいが、切りが良くないと変えにくい。

 

タイって歯医者ってどうなのかなぁ~?(^^;)

外国だって痛ければ泣きながら歯医者行かなければならないしねぇ(^^;)

 

一度体験してみるか・・・・・(爆)