るんるんリタイア暮らし

57歳で34年務めた会社を退職。現在リタイア生活をエンジョイ中

負傷兵、無事帰還する

2022年5月25日(水)

 

7時半、宿をチェックアウト。

ここは素泊まりのみの昭和のお宿。

2キロほど走ってガストで朝食。

これもいつものパターンだ。

 

肩の痛みも少し良くなってきた気がする。

昨日は近くの個人薬局で一番大きな絆創膏を買って張った。

今さら?って感じだけど…(^_^;)

 

もう今晩は我が家のベッドだ~♪

 

家出したいと言ったり、家に帰りたいと言ったり、なんとも忙しないヤツだ(笑)

 

我が家から水戸は約90キロ。

往復して180キロだ。

 

しかし自宅に着いてサイクルメーターを見たら207キロとなっていた。

 

そうなんです!

実はこれが今回ヘトヘトに疲れた原因だったのです。

 

出発してしばらくは普通に水戸に向かってナビ通りに走ってました。

 

水戸へのルートはほぼ国道6号まっすぐが最短ルートです。

 

しかし、やっぱり今回もいたんです!

とんでもなく悪質な大型トラックドライバー!

一般道なのに100キロ超えるようなスピードで、減速すらせず、オレのギリギリをかすめていく超悪質運転。

わざと寄って来てるとしか思えない。

 

おらおら~自転車なんか走ってんじゃねーよ!まったく~みたいな感じで思ってんじゃないの?

自転車は道路交通法上、軽車両。

車道を走るのが原則ルール。

 

しかし、前後にお子さん乗せたり、買い物を一杯積んで走ってるいわゆるママチャリが国道の車道を走るのも自殺行為。

日本は、そんな事情で本来は車道が正しいのだが、歩道もOKのような現実はグレーゾーンとなっている。

 

ただし、自転車も通行可となっていない歩道で万が一お年寄りをひっかけて怪我でもさせたら、道路交通法上も違反であり、とんでもない事になる。

 

それでも、こんな悪質ドライバーに殺されるのはゴメンなので歩道を走る事にする。

 

ところが歩道を5キロでも走ってみてくださいな。

もうかんべんしてくれって思うほど辛いから…

デコボコだらけ…上下に登ったり降りたり、車道の出入口は必ず段差…

 

精神的にもう限界が来て、また車道を走れば、悪質トラックの嫌がらせ!

 

もうどうしたらいいんだよ!(怒)

 

答えは、死にたくなかったら国道6号を通らなければいい…だ。

 

と言う訳で、行きも帰りも6号を通らないルートを見つけ走ったのだった(^_^;)

 

ところがオフライン利用のGoogleマップは、車ルートしか案内してくれず、常に6号へと誘導する。

だから仕方なく細かく目的地を設定し、6号に曲がらせられる辺りでまた設定する繰り返し。地味に疲れる。

さらにボディブローのような向かい風。

 

そして転倒。

これがノックダウンパンチとなった!

 

踏んだり蹴ったり…そして転んだり…(^_^;)

 

帰りもほとんど6号は走らず、県道など使いながら帰ってきた。

 

中にはこんな素晴らしい道もあったよ!

でも車が走ってないから無駄って言えば無駄だ(^_^;)

6号のような劣悪な国道に、しっかりした自転車レーンを設けて欲しい。

 

今日は距離も50キロくらいで楽だったし、自転車も走りやすい道を選んで帰って来たのでストレスはなかった。

 

ずっとこんなのどかな田舎道をチンタラ走っていると、ある曲が頭から離れず、ずーーと口ずさみながら走ってた。

確かギルバートオサリバンだよな~この歌。

なんて曲だっけ?

どうしても思い出せず、家に着いてから調べてみたら「alone again」だった♪


www.youtube.com

 

今日は一番楽しいサイクリングだった。

めでたしめでたし~(^-^)v