るんるんリタイア暮らし

57歳で34年務めた会社を退職。現在リタイア生活をエンジョイ中

久しぶりの我が街

昨日、和歌山南紀白浜の一か月の長旅から帰ってきた。

 

我が家は千葉県の東京に近いエリアにある。

けして近代的なカッコイイ街ではなく、老朽化したマンモス団地とそれに伴い老人が多い街である。悪く言えばかなり古びた街。

 

それでも、やっぱり生活しやすい!

帰ってきて最初に思ったのは、便利だな~ってことだ。

毎日の暮らしに困ることはまったく無い。

 

きれいな海、清々しい山々、そんな風景はまったく無くつまらないが・・・・

 

物価も安い。スーパーも安い。外食も安い。

 

自然豊かな田舎で暮らされている方には、生意気で偉そうに聞こえてしまうかもしれないけど、オレにとって「旅」だからこそ楽しいのであって、「住む」のはやっぱり便利な街の方が楽かな~なんて思った。

 

近代的でハイソな街はオレは好きじゃない。

だってそういうところで暮らすのは、やっぱりそれなりにリッチじゃないとね。

平民は平民らしく、こういう庶民の街が居心地いいのだ。

 

洗濯機が故障し新しい洗濯機が数日しないと来ないので、今日はコインランドリーに行って洗濯と乾燥をした。

その間にスーパーに買い物に行った。

 

久しぶりの我が家で米を炊き、鍋が食べたい!

白菜と豚バラと豆腐だけの水炊きで、昆布つゆを小皿に入れてつけて食べるだけなんだが、これがめちゃめちゃ旨い!炊き立てのご飯と鍋があれば天国だ~~♪

 

これから年末に向けて大掃除もしようと思っている。

やっぱり新年はすがすがしく迎えたいと思う日本人の心がある!

って、いつもきれいにしてれば大掃除しなくていいとも言う(笑)

 

もう12月

それにしても一年は早い!

人生も早い!

死ぬのもあっという間だ!

楽しく生きようぜ~~(^^)v