るんるんリタイア暮らし

57歳で34年務めた会社を退職。現在リタイア生活をエンジョイ中

衣替えと古着の廃棄

寒くなってきた!

まだ真冬に着るものは早いけど、真夏に着ていた服はもう着ない。

だから天袋に仕舞ってある冬着を出して衣替えをした。

 

いや~、自分で言うのもなんだがどうしようもない安物ばかりだ(笑)

センスのかけらもない・・・(^^;)

 

衣類って別に捨てなくてもただ場所を占有しているだけで、食べ物が腐るような悪さはしないので、長年着てないものもたくさんあった。

 

今日は衣替えと同時に、冬物夏物問わず、要らないものは捨てようと決心した。

 

昔のズボンが5本くらいある。もうずっと履いていない。

リーバイスジーンズとか当時1万円くらいしたんじゃなかったっけ?

でももうぜったい履かないから捨てよう。

それ以外はユニクロだかしまむらだかわからないけどたくさんある。

もちろん着れる服だ。とんでなくボロいわけでもない。

でも絶対着ないから捨てる。なんだかもったいない時代だな~(^^;)

 

オレが小学生だった頃、擦れて薄くなった肘に大きなパッチを縫い付けたり、穴の空いた靴下を母親が繕ったりしていたが、カッコ悪くてすごく嫌だった!(笑)

でもそんなにポンポン簡単には捨てたりはしなかったなぁ~

 

しかし、すべては自分に問題があるのだ。

お!安い!とお店の上手なプロモーションに踊らされて、安物を買い続けた自分に問題があるのだ。売る側からすれば、オレなんぞいいカモだったのだろう(^^;)

 

昔から買い物については理想がある。

ブランドには興味ないけど、ちょっと値段はやや高めだけど、質がとてもいい長く着れるオーソドックスなデザインの服を数着だけ着まわしている・・・・みたいなのいいな。

いままでは、お恥ずかしながら正反対だった(笑)

 

貧乏人の銭失い・・・・・

オレのための言葉か?(^^;)

 

センスある上手な買い物ができるようになりたい・・・・・