るんるんリタイア暮らし

57歳で34年務めた会社を退職。現在リタイア生活をエンジョイ中

世代間格差

今日は久しぶりに午後から雨という予報だ。

 

急いで洗濯して二階のベランダに干した。

 

昨日久しぶりに自転車乗って筋肉痛になるのかと思ってたけど、今のところ大丈夫だ。ちょっとだるいけど…(^_^;)

 

いつもよりちょっと時間早いけど、いつもの老人の溜まり場の喫茶店にモーニングを食べに行く。

 

おーーーー!

いるいる!いつもの時間より多い!

ほぼ満席のじいさんばあさん(笑)

 

やっぱり9時頃はいつもと違う顔ぶれだがいっぱいいるんだな~

 

マスターと話してる人。

入って来るなり、マスターや常連客と親しく挨拶して新聞片手に一人で読んでる人。

 

おばあさんはどこでも元気だ(笑)

数人で楽しそうにおしゃべりが止まらない。

 

たいした事のない日常だが、皆元気で幸せそうだ。

オレはどこに行っても仲間外れって言うか、どこか彼らと交われない。

もうこの喫茶店も常連客になったとは思うけど、親しげな会話はしない。

 

別にオレも自己紹介したり、身の上話しようとも思わないし、モーニングが気に入って、いわゆる普通の客として来ているだけだ。

 

でもいつも思う事がある。

この喫茶店に限らず、平日の昼間どこに行っても老人だらけなのだ。

当たり前だ。

オレくらいの年齢では普通まだ働いている。

そうだ!オレがおかしいのだ(笑)

 

70歳くらいになればもうリタイアし、年金や貯蓄で暮らしてる人も多いだろう。

 

そして思う。

この人達は裕福だなぁ~って。

 

もちろん本当の事は知らない。

 

でも皆さんの顔や元気な声を聴いてて、そう思うのだ。

 

70代以上の人達は年金も多いし、高度成長期に現役で生きた人達だ。年功序列でそれなりのポジションで仕事を終えた人も多いだろう。安い時期に家や土地を買って資産も持っている。

 

ところが40代や50代のこれから先、老後を迎える世代はどうだろう。

なかなかこの70代のおじいさん、おばあさんのような老後が待っているだろうか?

 

それじゃあ、20代30代の人はどうだろう?

ばら色の老後なんて思っている人いないんじゃない?

 

時代によってラッキーアンラッキーは生じるだろうけど、日本は老人ほど裕福だなぁ~って感じる。

孫にたくさん小遣いあげられるのは今の老人だけだ。

 

後10~20年したら…

今の老人が亡くなったら…

莫大な財産が相続され、国は莫大な相続税が懐に入るのだろう。

 

 

その頃、この喫茶店にこんな元気な老人がいるだろうか?

 

神のみぞ知る…