るんるんリタイア暮らし

57歳で34年務めた会社を退職。現在リタイア生活をエンジョイ中

何もできなかった夏

リタイアして以来、こんな夏を過ごしたことはなかった。

今年は何もせずに終わってしまった…(-_-;)

 

もちろんコロナのせいだ。

 

だからオレだけではない。

ほとんどの人もそうだろう。

 

まあ、もう過去のことはしかたない。

でもいつまでこんなのが続くの…

考えると憂鬱になる。

 

オリンピックは一応やったけど、もしも中止になっていたら、もう次は出れない悔しい選手もいただろう。

もしも、高校野球が中止になったら、やっと出場できた3年生にはもう来年はない。

 

たかが一夏かもしれないけど、チャンスは二度と来ない事だってあるのだ。

 

そしてこんなのいつまで続くのだろうと光が見えてこない不安のまま過ごす日々。

 

オレはまだいい。

遊びのことばかり考えてるんだから。

 

仕事して金を稼がなければ、家族を養ったり、住宅ローンも返せない人の不安の方がはるかに大変だろう。

 

ワクチンも2回打った数週間後はかなり抗体も増えるが、半年もするとどんどん減ってしまい、効果が無くなってしまうらしい。

 

つまりこれで安心とはならないのだ。

 

コロナだって、これまでいろいろ変異し、その都度いろいろな難題が発生している。

 

次なる変異はどんな問題を引き起こすのか。

オレのような凡人には想像すらつかない。

 

もうオレは覚悟を決めた。With コロナで生きていく。

ワクチン打って、マスクして、人混みを極力避けて、細心の注意した上で不幸にもかかってしまったら仕方ないと思おう。

抗体カクテル療法の今後の受けやすさも期待している。

重症化して死ななければもうそれだけでいい。

 

ただ、もう世の中が変化してしまったため、すぐに以前と同じようにはならない。

 

例えば、ふらっとタイに行っても、マッサージショップの多くは潰れ、屋台飯も減り、多くの安宿も潰れている。

 

そりゃそうだ。旅行者や外国人相手で、その外国人が誰もいないんだから潰れるのは当然だ。

人々も田舎に帰ってしまい、すぐに元通りの昔の姿には戻らないのだ。

 

日本も観光業はもう限界だろう。

終息したら、またGO TOを再開するのかもしれないけど、もう耐えきれず残念ながら息絶えた経営者も多い。

それだけ今回のコロナ禍は、想像以上に長引いてしまったためだ。

 

 

歴史的な視点から見ればたかが数年、雨降って地固まるのだろうが、もう生い先短いオレのような者からしたら、一年でも無駄にしたくないのだ。

 

まあ、かといってこの時期にルンルン気分で沖縄に行くヤツはちょっと 白い目で見られるのは当然だし、世間に対しての責任もある程度考えた行動しなければならない。

 

秋からは何かしらコロナ状況の中、一歩目を踏み出そうと思う。