るんるんリタイア暮らし

57歳で34年務めた会社を退職。現在リタイア生活をエンジョイ中

土曜の朝ガスト

今読んでいる小説が佳境に入って面白く、本を持って朝ガストに行く。

別に家で読めばいいじゃんって言われそうだが、なんか喫茶店とかコーヒー飲みながら本を読む方がなんだかしっくりするのだ(笑)

まあ、ちょっとした贅沢だね(^^)v

 

それより今日は土曜日。

毎日猫のように同じテリトリーを徘徊していると、平日と休日の違いが空気を嗅ぐだけで瞬間的にわかってしまう。

 

ガストに入っていつものようにいつも同じモーニングをテーブルに備え付けてあるタブレットで頼む。

 

ガストさんは、入店して検温してアルコール消毒すると、店員さんが「お好きなお席にどうぞ~」って言うだけ。

水も運んでくる必要ないし注文もタブレットでするので、ローコストオペレーションになっているのだ。

 

しかし今日は土曜日。

なんだかいつもと違う雰囲気のおじさんたちが多い(^^;)

ここからの話はすべてオレの想像だし、偏見も大いにあるかもしれない(^^;)

あくまでも個人的な感想だからね(笑)

 

初老のおじさんと言っても現役で何かしら仕事をされている感じがする。

しかもちょっと偉い立場?

喋り方や態度でなんとなくそう思う・・・

 

いきなり店員呼びつけて・・・

「オレね、なにかピザとね、サラダある?」

いきなり口頭であいまいな注文を言い出した(笑)

 

店員さんは、慣れたもので

「申し訳ありません。朝は10時半まではこちらのメニューのみになってましてピザはお昼からなんです」

 

「あ、そうなの?じゃあ何があるのかな~?」

あくまでも口頭で注文したいらしい。しかも声が大きい(笑)

 

適当に店員が、タブレットで写真を見せて「これでいかがでしょう」と。

 

「ピザはないんだもんな~?」

おいおい、しつこいな~(笑)

 

最終的には店員さんのおすすめので丸く収まったみたいだが、ハナッからタブレットで自分で注文するつもりなどさらさらないようだ。

まるで仕事場でのこの人の立ち振る舞いの一部始終を想像して笑いそうになった。

 

次に男性2名様ご来店~~~

 

またその一人が店員を呼んで・・・・・

 

「あのさ~、オレ朝飯食べてきちゃってね~~。さっきこのトースト頼んじゃったんだけど、まだお腹いっぱいだから食べられないんだよね~。これ包んで持って帰ることってできる?」

 

もうオレは吹き出す寸前(笑)

 

よく聴いてなかったからわからないけど、とりあえず普通に持ってくるからあとはお持ちかえるなりご自由に~みたいな感じで話をしていたみたいだけど、たぶん本来のマニュアルではダメだろう。

しかしそんなマニュアルの通りに言って時間ばかりかかっても仕方ない。現場としては適当に対応するしかないのだろう。店員は手慣れたものだ。

 

こういう種類のおじさんたちは、あまり平日の朝ガストでは見かけない。

ここは駅前ではないから、通勤客とかはあまり来店しない立地だしね。

 

この人たちはけして店員をバカにしたり、下に扱っているつもりはない。

最後に「うん、ありがと~」とか店員にお礼言ったりするしね。

 

でもね、本人がそういう気がなくても、明らかに空気も読めないし、場もわからないし、自由奔放なんだよね(笑)

 

お客様!当店はお安く提供できるよう、すべてセルフサービスになっております。ご自身でそのタブレットでご注文ください!

とでも言ってやったら、どんな顔するんだろ(笑)

鳩が豆鉄砲食らった感じになるかもね(笑)

 

たぶん、この先このようなおじさんたちはいなくなるだろう。

これからの若い世代にはこういう人たちはいない。(と思う)

 

家の事はすべて奥さんにまかせ、会社では部下にいろいろなことをさせる立場で長年生きてきた男たち・・・・・・

 

そりゃそうなるよね~(^^;)

 

リタイア後、どうなるか?は想像ができる・・・・(爆)

 

あくまでも偏見です(笑)