るんるんリタイア暮らし

57歳で34年務めた会社を退職。現在リタイア生活をエンジョイ中

理想のカメラ

このブログも3年飽きもせず好き勝手書いているけど、いまだに無料版なので今月のファイル利用量がすぐいっぱいになり、来月まで写真を張り付けることができない・・・(^^;)

従ってカメラの話なのに写真が張り付けられないのだ~~(笑)

 

こういう時はインターネットにすばらしい記事がいっぱいあるので、助っ人外人に助けを乞うことにしよう~(^^;) 

 

のぼみ~日記 2013/05/18 600万画素の一眼レフ

 

最新カメラを持ってないので比較もできないし偉そうな評論するつもりはないが、自分は600万画素程度のASP-Cデジタル一眼カメラが好きだ。(今では二束三文で買える)

また根拠もないし本来ナンセンスらしいが、昔のCCDのカメラが好みだ。

 

フイルムの頃から一緒だが、カメラって晴天の順光など光の条件がいいと、色乗りも良く、カリっとパキパキの絵が撮れるが、うす暗闇や逆光など難しい光では、なかなか思い通りの写真を撮るのは簡単ではない。

 

しかし昨今のデジカメはすごい!

ISO感度なんて、え!どこまで~~(^^;)って感じだし、手振れ補正と合わせてもう重たい三脚っていらないの?ってびっくりしてしまう。

 

デジタル物の技術というのは今のところ底が見えない。毎年どんどんパワーアップし続ける。

市販されているカメラでは6000万画素くらいはすでにあるし、数年後には一億万画素なんて100%出てくるんじゃない?(^^;)

20数年前はたった25万画素だったのに…(^_^;)

ISO感度もフイルムの頃はASA400で喜んでいたけど、いまやISO100000越えだって!!!

 

果てしなく進歩しつづけるデジタル技術。

 

魅力的な新商品が出る→たくさんの人が買う→もっと魅力的な商品を開発する→

 

この流れを永遠に続けなければ企業は成長しないし資本主義経済は繁栄しない。

 

でもねぇ・・・・・(^^;)

 

性能は上がるけど価格も上がる高価なカメラを買うことができないし、たとえ買えたとしても、それだけのお金を出しても買いたいと思えない。

 

今のところ中古で買える二束三文のカメラで十分遊べて楽しいしね~~(^^♪

 

オレの理想のカメラ…

 

今持っているSONY α NEX 5N。

映像素子がASP-Cサイズでボディー210gという世界最小最軽量クラスのミラーレス。

フランジバックが短くアダプターにより世界中のあらゆるオールドレンズが使用可能だ。マニュアルフォーカスにもとても優れている。

これをフルサイズで実現できないだろうか?

また、コンパクトデジカメは重量が100gから130gくらいまでで、レンズが収納された時は飛び出さない仕様で、スムーズにポケットに収納できる薄さがいい。

広角28㎜か35㎜でF1.8くらいの優秀な単焦点レンズがついてフルサイズの画像素子、いたずらに画素数を上げずせいぜい2000万画素程度かそれ以下で発売してもらえないだろうか~(^_^)v

 

そんなデジカメがいつか発売され、新品では高くて買えないから、さらに10年くらい経って中古市場で二束三文で買えるようになった時、オレは絶対買う!!!

 

98%死んでると思うけど・・・・・(爆)