るんるんリタイア暮らし

57歳で34年務めた会社を退職。現在リタイア生活をエンジョイ中

コロナから見える世界

世界的に広まってしまった新型コロナウイルス

いくつかの国では早くもワクチン接種が始まった。

 

これまでと比べると驚異的な速さでワクチン開発が進んだ。

世界で170種類以上のワクチンが開発中だが、最終臨床試験の第3相試験(P3)までこぎつけた各国の開発メーカーはイギリス、米国、ドイツ、中国、そしてロシアだ。

 

 

未知のウイルスであるCOVID19に対してのワクチン開発は、当たり前だが最初に完成させた所が莫大な富を得る。世界中が買い求めるからだ。

 

先進国は中国やロシアのワクチンを信用していないので、米国、イギリス、ドイツと商談するだろう。中国はビジネスとして経済的に貧しいアフリカなどに売り込み、自国の政治的アドバンテージを上げる作戦だ。

 

こういう時、なぜ日本はダメなんだろう・・・・

昔誰かが、コンピュータ開発で「なぜ二番じゃいけないんですか?」って言ってたけど、こういう状況では二番じゃ絶対ダメなんだ。ましてや二番どころかぜんぜん先頭集団にすらいないじゃん。

 

クルマを改善したり、壊れないカメラを作ったり、アニメなどで儲けて金持ちにはなったが、基礎的分野における底力はないようだ。

こういう時に信頼性の高いワクチンを他に先駆けて開発できるような国になると、世界に貢献できる先進国だと本当に胸を張れるんだけどなぁ~。

 

 

菅総理新型コロナウイルスのワクチンを3億1000万回分確保できる予定だと国会で言っていた。

 

あれ?日本人ってそんな人口いたっけ?(笑)(笑)

要するに、人様が開発したワクチンを札束で買い占めるってことでしょ。

 

ある意味、日本よりはるかに死者数も多く、危機的な状況にある国が世界中にはあるのに、我々は金でワクチンを人口の何倍も買い漁ちゃうからね~って、首相が国民に言っているってことだね。

なんだかちょっと恥ずかしい気がするけどなぁ・・・・(^^;)

 

まあ、変異して今開発しているワクチンが効かないなんてことにならないように祈ってるけど・・・・