るんるんリタイア暮らし

57歳で34年務めた会社を退職。現在リタイア生活をエンジョイ中

Time is Money!

台風直撃かと心配したが、南の太平洋上を進んだようでちょっと一安心。

時折霧雨が吹くが大したことないので、今日は歩いてスーパー銭湯に行った。

片道4.4キロ、往復約2時間のウオーキングだ。

目的地に行くための移動は、バイクがあるときはバイク、バイクが無くなれば自転車と、より効率よく楽に移動できるものを選択し、極力歩くことは後回しだった。

だって、かなりかったるいんだもん。自転車で10分か15分の所を1時間も歩いていくなんて・・・

 

 

30代の頃、アメリカに2週間の研修旅行に行ったときのこと。

西海岸からフェニックス、ダラスと中部を周り、ニューヨークが最終地だった。

最終日はオフで、それぞれ思い思いにニューヨークの街を楽しんだ。

 

夕方、忙しなく足早に急ぐニューヨーカーたちの群れの中、ひとりだらだらと目的もなく歩いていると、男性に「Time is Money!」と言われ、もっとさっさと歩けと合図された。

時は金なり?

もうずいぶん昔のことなので記憶も定かではないが、そんなボケ~っと隙だらけで歩いていると狙われるぞ!みたいな感じで、しっかり目的がある歩き方をしろ!みたいなことを言われたような気がする。

 

ずーとサラリーマン生活、毎日ほんとに忙しない日々だった。

いや、考えてみれば学生の頃だって忙しなかった。日本人は常に忙しない。

その癖が、リタイアしてかなり経つのにいまだに直らない。

 

朝起きて、散歩行って、ご飯食べて、いろいろ用事をして、自転車いじって・・・

 

そんな毎日忙しなくしなくたって、何もすることないんだからいいんじゃないの?って思うんだけど、なかなかじっとしてられない・・・・

 

いまのオレにとって、一日2時間歩いてスーパー銭湯に行こうが、買い物に行こうが、何の支障もない。

 

毎日なーんにもすることないんだから・・・(笑) 少なくとも急ぎの用事なんてない!

 

仕事をしている人が忙しい忙しいと言うのはわかるが、いまのオレが忙しいというのはよく考えたらおかしいのだ。

 

もちろん、人間は必ず死期が訪れる。

それがいつかはわからないから、しっかり有意義に日々過ごすことは大切なことだ。

しかし、それと毎日せかせかと生きるのとは話が違う。

リタイア後は、もっと余裕をもって、ゆったり生きることも大切だ。

 

まあ、性格だからなかなか治らないのだが・・・・・(^^;)

 

【目標体重まで 6.0kg】風呂上りはちょっと減るのだ・・・(^^;)