るんるんリタイア暮らし

57歳で34年務めた会社を退職。現在リタイア生活をエンジョイ中

中学生のときの夢

昨日、長年連れ添ってきたバイクとお別れした。

バイクはオレの趣味だから、またいつか乗りたいって気持ちはあるけど、バイクはもう少し歳とっても乗れるが、自転車はあまり歳取るとしんどくなるので、今は自転車で頑張ろうと思う。今でもすでにかなりキツいが・・・・(^^;)

 

バイクと自転車には共通点もある。

タイヤが前後に2個で自立しない乗り物だ。

 

車輪はすでに紀元前に発明されていて、四輪の馬車や横二輪の荷車などは紀元前から使われていた。ところが、前後に2輪の自転車は、発明されてからなんとまだ200年くらいの歴史しかないのだ。

歴史的にはつい最近に発明された乗り物なんだって!

 

オレのような趣味の自転車ではなくても、日本ではいわゆる「ママチャリ」が沢山人々の足になっている。

海外から外国人が日本に観光に来ると、その自転車の数にびっくりし、さらに曲芸のような運転技術に驚くのだそうだ(笑)

器用に片手で傘をさして運転してたり、狭い車道や歩道を子供を前後に乗せて、うまく走っている母親の姿をみて、日本人の自転車の運転技術はすごい!って感じるんだって(笑)(笑)

 

確かに日本の道はとても狭く、そこを大型トラックなども走っているから、かなり危ないと思う。走ってて何度怖い目にあったか数えきれない。

ちなみに自転車は交通ルールでは軽車両だから、車道を走るのが正解だ。

 

バイクを失い、これからの相棒は自転車だけになった。

 

バイクと自転車の相違点・・・

とうぜんエンジンで走るか、自分の足で漕いで進むかの違いだ。

 

バイクはほんとに楽だ。青森までほとんど疲れもなく簡単に行ける。どんな山坂でも鼻歌歌いながら余裕で素晴らしい景色を見ながら楽しい旅ができる。

 

しかし自転車は、峠を超える上り坂を上っている時は、もう景色を楽しむ余裕もない。

もう必死で目の前の地面を見ているだけだ(^^;)

頭も真っ白で、とにかく峠はまだか~しか考えられない。

 

 

ぶくぶくぜい肉がたっぷりの、長いこと運動らしいこともしてない怠けきった身体の中高年には、なかなか自転車はしんどいのだ。

 

次なる日本列島、行き当たりばっ旅は、自転車編・・・・になる予定(^^;)

 

以前、南房総から湘南、小田原を経由して伊豆下田まで自転車で旅した時、マジヤバかった(^^;)

 

letsenjoyhappylife.hatenablog.com

 

二日目、階段上り下りできない筋肉痛で2泊療養(^^;)。

勇んでテントで野宿だ~と言ってたのに、結局テントは2泊だけ(^^;)

あまりに疲れすぎて、夜はベッドで寝たくて・・・・・(^^;)

 

平地で無風だったら、50キロくらいなら誰でも行ける。

もちろん女性でも平地で無風なら50キロくらいならそう疲れないで行ける。

60キロ~70キロも大丈夫。ただし自転車の各サイズが体形に合っていることと、サドルが痛くないことと快適な気温が条件。

 

でもね~、地球は平じゃないんだ!特に日本って坂ばっか!!

坂ばっかって言うことは山ばっかってことだ。

体重重たい人は、特に上り坂はヤバいよ(^^;) ダイエットしてからにしないと、ぶっ倒れることになる。

 

坂も嫌だけど、向かい風がマジムカつくんだ。

向かい風が続くと、もういじめとしか思えない・・・(^^;)

 

 

そうです。バイクと自転車は似て非なるものなんです~~!

 

若くないから、やれ膝だの筋肉だの手首だの首だの、そこら中痛くなるし・・・

 

ブログに書いて、自分を勇気づけようと思ったのに、逆に不安が強まった(^^;)

 

でもね、オレはそういう旅のスタイルがやっぱり好きなんだ。

中学生の頃の夢。

 

もう60歳だから若い時のようにはいかないけど、昔の夢を実現させるためにちょっと頑張ってみようと思う。