るんるんリタイア暮らし

57歳で34年務めた会社を退職。現在リタイア生活をエンジョイ中

本当は何が悪い?

※ただの個人的愚痴です。たわいもない戯言です。

 

いよいよGoToトラベルが始まった!(らしい)

かなり問題が山積みのキャンペーンだが・・・・・(^^;)

 

 このGo Toトラベルは、政治家と業界の癒着が疑われている。↓

 https://news.yahoo.co.jp/articles/a4120e5b3bdc6be47183d25fd9d530ae3e04c731

これでアベノマスクと合わせて、今世紀最大の愚策の訳が理解できた。

 

こういうやり方では、沖縄や北海道、または京都など人気観光地が勝ち組、あまり人気がない観光地は負け組となってしまうと思う。

せっかくの1兆3500億円の税金は、一部のツアー会社と人気観光地が総取りしてしまうかもしれない。

また、ツアー会社はここぞと高い豪華なパックを作って売り出すだろう。

これだけ補助があるんですから贅沢しましょうよ!ってなもんで、自分たちもこの機会に儲けようとよだれを垂らしている。

なんとも薄汚い政府がらみのキャンペーンだ。

 

どうせなら1兆3500億の予算を各都道府県に分け与えてしまえばよかったのに。

競争原理も相まっていろいろなアイデアが出るだろうし、東京のように今キャンペーンできない所は、コロナを終息させてからその予算を使って復興すればいいじゃん。

 

一方でコロナがあまり多くない地方では、他県ナンバー狩りだとか、入店拒否などのトラブルが相次いでいる。(^^;)

この非常識極まりない日本人の気質は本当に恥ずかしい。日本の村社会の文化が未だに心の奥底にある日本人。行動までしなくても、心の中で自粛警察している人もきっと多いのだろう。国民全員自粛警察??

自分の家族を最小単位として、次に地域社会、最後は日本人として結束しあう。

だからいつまでたっても、日本人は他の外国人を真の地域共存者として受け入れることができない排他的意識が強い。真の理由は言葉の問題ではない。

 

コロナは日本を都道府県単位で分断し、地方と都会の人間感情にも亀裂が生じ、今後に遺恨を残しそうな深刻な問題に発展している。

 

本当は何が悪いの?

 

今ニューヨークは、いつでも予約なしで市民は誰でも好きな時に自由にPCR検査を受けることができる。ほんの数分で簡易結果がわかり、その後陽性が新たに確定したら24時間以内に連絡されるそうである。

人と接するサービス業、たとえば美容師さんなどは、2週間に一回必ずPCR検査を行うことが義務付けられているとのこと。

 

旅行行く前に必ずPCR検査を受け、陰性だった人だけ旅行に行けばどう?

受け入れる地方でも、入県する際PCR検査すれば、安心して受け入れられるのに。

もちろん、PCR検査の精度の問題もあるから100%安心ではないけど、東京都民は全員来るな~なんて乱暴で狂暴な感情を続けて何も良いことないでしょ?

 

4か月でこれだけのPCR検査体制を構築したニューヨーク市

4か月経っても、めちゃくちゃなGo To何たらで混乱し続けている日本。

しかも県単位でいがみ合いをする醜い人間たち。

 

この状況を変えるにはどうしたらいいと思う???

ため息しか出ない・・・・

 

【本日の体重 -1.4kg】(^^;)