るんるんリタイア暮らし

57歳で34年務めた会社を退職。現在リタイア生活をエンジョイ中

まだまだ続くコロナの闘い

もうストレスも限界って感じている人もかなり多いかもしれませんが、

ウイルスはそんな甘い者じゃない!

GWが終わったから、さぁ解禁~なんて訳にはなかなか問屋が卸さないでしょう!

 

陽性者数が毎日全国で10人とか20名とか一週間くらい続くようになったら、ソーシャルディスタンスなどを守りながら、一定の行動制限が無くなるかもしれませんが、その前に人々や社会経済が我慢できなくなっちゃうのか・・・(^^;)

 

この数か月、ネットやTVなどいろいろなメディアで、たくさんウイルス関連の報道やコメンテータの意見など見聞きしてきましたが、今思い出すと、かなりの権威ある人でもそうとういい加減なことを言ってた人もいて腹が立ちます。

だから、もうそういう番組はもう見るのはやめようと思うんですが、ついつい見てしまいます。 やっぱ関心があるからねぇ・・(^^;)

日本は世界とはまったく異なる独自の手法でウイルスと対峙しているみたいです。

もちろん、世界が正しく日本が間違っているとも言えませんし、もうすでにオレの頭では到底思考できないレベルになってしまっています。

 

100万人当りのPCR検査数(4月7日付)

イタリア 11937

ドイツ  10962

韓国     8996

スペイン   7593

日本            365

 

イタリアやスペイン、ドイツは積極的にPCR検査を実施している国だけど、

ドイツはダントツで死亡者数が少なく、イタリア、スペインは多いのは何故でしょう。

同じPCR検査を重視していても、なぜこんなに死者数の違いがあるのか?

それについて、明確に言及しているyoutuberを見つけました。

またそれ以外のイタリア現地からの動画でも同じことを言っていました。

かなり信ぴょう性があるんじゃないかな・・・

この人頭いいなぁ~


【コロナ】スペイン、イタリア、ベルギーの死亡率が高い理由/欧州からの緊急報告/日本がコロナ感染による死亡率を下げるには?介護施設を守りぬけ!【後半】