るんるんリタイア暮らし

57歳で34年務めた会社を退職。現在リタイア生活をエンジョイ中

理想の自転車

今は自転車に夢中なので、頭の中は自転車のことばかりだ(笑)

 

世の中には多種多様な種類の自転車がある。

 

実は、ママチャリという自転車は日本独特であり、ヨーロッパやアメリカなど欧米にはママチャリという自転車はない。(見たことがない)

イカーの所有率もそれなりにあるが、通勤通学は主に電車やバスなどの公共交通機関を使い、ちょっとした近所の買い物はママチャリで済ますという日本社会。なかなかいいと思う。環境にもやさしいよね~

 

しかし、趣味の自転車となるとママチャリとはちょっと異なる。

昔風に言うと、ランドナースポルティーフロードレーサーなど・・・

今風に言うと、マウンテンバイク、クロスバイクロードレーサーなど・・・

今回オレが買ったレイルくんのような、ミニベロといった小径車もある。

 

競技としてのレースに出る人は、ロードレーサー

旅などに自転車を使う人は、マウンテンバイクやクロスバイクなど。

 

要するにいろいろな趣味にあった自転車があるのだ。

 

オレが自転車に求めることは「いかに楽に遠くまで行けるか?」ということに尽きる。

 

100キロ走っても、ぜんぜん疲れない・・・なんて自転車が理想だ。

足もパンパンにならない。お尻も痛くない。手のひらも痛くない・・・

鼻歌を歌いながら100キロ気持ちよく走れる自転車がほしい!

 

歩くより効率よく旅ができる最高の旅の足が、オレにとっての理想の自転車だ。

 

だから、無理してハアハア息を切らして、全力で漕ぐなどはしない。

いかに消耗を抑えて巡行スピードを維持するかを考えて走る。

それでもやっぱり登坂は辛い。軽いギアで疲れないようにクルクル回しながらゆっくり登る。ちょっと疲れてもその後の下り坂がご褒美として待っている。当たり前だが下り坂はぜんぜん疲れない~(笑)

 

若い時からそんな理想の自転車を夢みているが、今だまだ瞑想中だ。

死ぬまでに理想の自転車が欲しい~~

 

以前、パナソニックがチタンフレームのママチャリを販売してた(と思う)

ミヤタ自転車も、ロードレーサー並みの重量の軽量ママチャリを販売していた。

超軽量ママチャリ・・・もしかしたらオレの理想かも・・・