るんるんリタイア暮らし

57歳で34年務めた会社を退職。現在リタイア生活をエンジョイ中

旅友が泊まりに来るよ

我が家は、ほそぼそとAirbnbをしている。

いわゆる民泊というやつだ。

実際オーナーをしているのは、オレの息子でオレは一切タッチしていない。

でもお客さんが来たときは、同じ家にいるのでいろいろ話したりする。

 

今回はお客さんではなく、オレの友だちが泊まりに来てくれた!

友だちだからもちろん無料ね(笑)

以前、ヨーロッパ92日間放浪の旅で、ブルガリアソフィアのホステルで出会った関西人の大学生の女の子だ。

オレのことを、おっちゃん、おっちゃんと呼ぶ(^^;)

彼女の友だちのドイツ人の女の子が初めて日本に遊びに来たので、大阪、京都・奈良などを案内しながら、一緒に東京に来た。

21歳女子大生Mちゃんと22歳ドイツ女性と話せる機会なんてなかなかないで~♪(笑)

しかし、この二人、ずーと流ちょうな英語で話している。

女の会話って世界共通で、ずっと止まらない…

ほとんど理解できないくせにヒキツリ笑顔で、なんとなくわかってるフリしてうなずいているオレ(^^;) なさけない・・・・(´;ω;`)ウゥゥ

 

時々ドイツ人の彼女がオレに話してくれて、どうしてもわからない時は、Mちゃんに、今なんて言った?って聞く。自分で言うのが難しいときは、またMちゃんに日本語で言って、通訳してもらう(笑)

 

ドイツのハンブルグから来たって言うので、ハンブルグはめちゃめちゃ寒いでしょ?って聞いたら、東京と変わらないよ。冬でも-1度とかだよって言うから、ハンブルグって言ったら、北海道よりもっともっと北じゃん!と、60歳にもなろうとするおっさんがムキになって、嘘つけ~と地元ドイツ人にからむ・・(^^;)

地図見てみ~って言ったら、あらほんと、東京はイタリアやスペインよりもっと南で、地中海を超えて南アフリカアルジェリアくらいの位置だった。意外とみんな驚く!

ほらみろ!ぜんぜん違うじゃん!と勝ち誇ったオレ。しかし実際の気温はそれほど下がらず、ほら今の気温は5度よ!とスマホで見せてくれた。

地元民に難癖つけるのはやめましょう。勝ち目ありません(^^;)

 

ドイツ人はみんな英語話せるの?って聞いたら、若い人はほとんど話せるって。

でも、お年寄りは話せない人も多いって言った。

日本もそうだ!お年寄りは英語話せないと自分を指さして、自虐ネタを披露したら、Mちゃんが、このおっさんは爺いの中では多少話せる方だって、言ってくれたように聞こえた。(多分そう言ったと思い込んでいる)

ちょっと嬉しかった。(何て言ったか当然本人には確認しない・・笑)

 

週末に、インド人の友だちも含めてまた再会する約束をして、彼らは去った。

 

その日の午後5時に、今度は本当のairbnbのお客様、2泊の予約で中国人の21歳の女の子が泊まりに来た。

 

彼女は、半年間日本の大学に留学していて、終了して帰国しなければならないのだが、この新型肺炎のため、帰国できないのだとか・・・(^^;)

仮に帰国できても、雲南省の自宅までは帰れず(封鎖されて外部から中に入れない)、結局どこかの都市に滞在するしかないのだとか・・・

本当に大変になっちゃったね~といろいろ話した。彼女は日本語ペラペラなので、会話が楽だ。(笑)

 

4月から1か月滞在する予定で予約が入っていた別の中国人の女の子は、この春から日本に留学する予定だったのだが、現状では来ることができず、宿泊予約のキャンセルの連絡が来た。当然だけど、ほんとこんな身近なところでも影響があるんだな~(^^;)

 

結構せわしなく忙しい日々だったけど、いろいろな話が聞けて有意義だったな~♪

無職になって、普段人と接する機会が減ってしまったが、何かしら会話がある暮らしって大切だな~。特にオレは基本的におしゃべりだからね・・(笑)