るんるんリタイア暮らし

57歳で34年務めた会社を退職。現在リタイア生活をエンジョイ中

バンコク唯一の観光

オレはどこの国を旅をしても、基本的に観光名所にはほとんど興味がない。

ガイドブック片手に観光名所を巡るようなことはほとんどしたことがない。

自分のポリシーでもあるが、その国のその街を知るためには、とにかく歩き回るのが一番だと思っている。別に目的が無くてもいい。ただひたすら歩くのだ。

何気ない生活風景、地元の人たちの買い物、食事・・・様々な風景に出会いながら、自然とその街のイメージが記憶として脳に刻まれていく。それが一番だと思っている。

しかし、今日はバンコクに来て、唯一観光名所に行った。

「ジムトンプソンの家」というBTSのナショナルスタジアム駅から歩いてちょっとの所にある。ジムトンプソンはもともとアメリカ人で、晩年はタイでシルク王と呼ばれビジネスで大成功する。そしてその富でいろいろな骨とう品を買い集めていた。その自宅が観光名所として開放されている。いっちょ前に200バーツも見学料を取り、日本語でのガイドツアーもしている。(約30分くらいだが)

f:id:letsenjoyhappylife:20191120182446j:plain

ジムトンプソンは、休暇で訪れていたマレーシアのキャメロンハイランドで謎の失踪をし、いまだに全く真相は分かっていない。

オレは以前マレーシアのキャメロンハイランドに行った際に、松本清張の小説「赤い絹」というこのジムトンプソン失踪の謎を題材にした単行本を読みながら、実際に失踪した現場付近を歩いた経験があった。(失踪事件は事実でありフィクションではない)

そんな縁があって、せっかくなら失踪する前に住んでいた彼の家でも見ておこうという気持ちになって足を運んだのである。その時の記事は↓↓↓

ほんと、一言で言ったら大金持ちってことだけど、ジムトンプソンが失踪して行方不明になったのが、今から50数年前のことだから、それほど大昔のことではない。

f:id:letsenjoyhappylife:20191120182601j:plain

家もきれいに保存されていて、日本語での丁寧な説明もしてくれて良かった。

日本語ガイドさんは若いタイ人の女性で、最後に何か質問ありますか?っていうから、マレーシアでの失踪の手がかりなど何かわかったことってあるんですか?って聞いてみたら、まったく不明なままだそうだ(^^;)

ちなみに、日本語上手ですね~って言ったら、大学の日本語学科で勉強したとのこと。JLPTのN3を持っているけど、卒業してから漢字を忘れちゃったと舌を出していたのがかわいい~♪ やっぱりアニメが好きなんだって。ちなみに日本は一度も行ったことがないとのこと。ぜひ来てね~~~♪

f:id:letsenjoyhappylife:20191120182713j:plain