るんるんリタイア暮らし

57歳で34年務めた会社を退職。現在リタイア生活をエンジョイ中

7か国目、ウクライナ入国

ルーマニアのスチャバのバスターミナルからウクライナのチェルノフツィまで、バスで行けるとスチャバに住むモニカの友人が調べてくれていた。当日車でバスターミナルまで送ってくれた。

ほんとにルーマニアでは至れり尽くせりで、過保護な子供のようだ(笑)

バスのチケットは万が一満員とかの場合のために事前に購入しなくていいの?って以前に聞いたら当日で問題ないという答えだった。(その時は多少の不安があったが)

実際にターミナルに着いてみると、ターミナルというより空き地に汚いおんぼろバスが停まっているって感じ(笑) そしてバスの運ちゃんにお金を払う。チケットはない(笑) 

ただ現金を払うだけ。そんなバスあるの??(笑)

一応、国と国を結ぶ国際線なんだけど~(^^;) 600円だけど(笑)

f:id:letsenjoyhappylife:20190813012541j:plain

 

f:id:letsenjoyhappylife:20190813012610j:plain

別にぼろいバスなのは問題はない。しかしエアコンが壊れていて窓が開かないというのは参った。蒸し風呂のようだ(^^;) ここら辺の夏は短い。圧倒的に冬の厳しさの方が大変なんだろう。しかし何とかしてくれこの暑さ!!

f:id:letsenjoyhappylife:20190813012625j:plain

もうさんざん見た、見慣れた景色。日本のお米に代わるものは、ここルーマニアではとうもろこしだそうだ。べちょべちょにしたコーンのことをポレンタと言うらしい。スプーンですくう感触は味噌みたい(笑) そして油のためのひまわり畑。この二つはほんとずーと毎日見ていた。ちょっと懐かしいな~

バスはたった一時間で国境に着いた。まずはルーマニアの出国スタンプ。係の人がバスに乗り込んできてそれぞれのパスポートを回収する。そしてバスの運ちゃんがスタンプを押したパスポートを預かってきて各自に渡す。まったく待たないでスムーズ。そしていよいよウクライナ側。銃を腰に下げた軍服の女性がバスに乗り込んできて、またパスポートを回収する。オレだけトリップ?って聞かれた。ここもまたバスの運ちゃんがスタンプが押されたパスポートを預かり各自に返却して終わり。今までで一番スムーズな国境越えだ。

その後も順調に約1時間でウクライナのチェルノフツィのバスターミナルに到着した。

チェルノフツィのバスターミナルは、街の中心からバスで30分くらいのところにある。さらに街中心からやや北側に鉄道の駅がある。オレはチェルノフツィから鉄道でリヴィウに行くつもりでいたので、鉄道駅に近いホステルを予約していた。

このルーマニアからリヴィウにいくルートはネットで調べてもなかなか情報が集まらなかった。ハンガリーからセルビアブルガリア、そしてルーマニアに来るまでは初心者のオレでも結構わかりやすかったけど、このルートは結構情報がなかった。同じバスに乗っていたおじさんが言うには、チェルノフツィからバスでもリヴィウに行けると言っていた。しかし確実なのは鉄道だと思ったので、オレは鉄道で向かうことに決めていた。

まずは宿に急ごう。と、その前にお金お金。まだウクライナのお金フリヴニャ一がない。ルーマニアのお金は残りぜんぶモニカ達にあげちゃったから、20€札をとりあえず両替所で両替した。これで一安心。とにかく早く宿にチェックインしてこの重たい荷物から解放されたい!

事前に調べていたのでは、1Aというバスに乗ればスムーズに宿の近くまで行けるはずだった。しかし違うバスが来た時にこれでもOKだ、早く乗れと言われ乗ってしまった。車掌が車内にいてその人にお金を払うんだけど、これがとんでもなく揺れて財布からお金を出せない!!!片方の手は何かにつかまらないと立ってられない。道も悪いがバスのサスペンションも悪い。嘘だと思ったら乗ってみ~!笑えるほど揺れるから(^^;)

石畳ってあまりよくない気がするんだけどな・・・・(^^;)

まあ、とにかく何とか無事に宿について、7か国目のウクライナに到着しました~♪