るんるんリタイア暮らし

57歳で34年務めた会社を退職。現在リタイア生活をエンジョイ中

ヴェリコ・タルノヴォという街での出来事

自由旅はすべてが偶然だ。行く方面も行く国も行く街も・・そして泊まる所も。

なんとなくたどり着いたブルガリア。そして次の行先をヴェリコ・タルノヴォという名前も覚えられない街に決め、前日にBooking.comで宿を予約した。

ソフィアのホステルをチェックアウトする前に、昨日買っておいたヨーグルトを食べようと冷蔵庫を開けた。あ!誰かに食われてない!(^^;) これは珍しいことではなく日常茶飯事だ。まあ朝には食べるからってそのまま冷蔵庫に入れてたオレが悪いんだけどさ~(^^;) それ以外にもシャンプーなど置きっぱにしておけば、間違えなく空っぽになっている。人のものはオレのものが海外のドミの常識だ。

気を取り直し、朝飯抜きでバスターミナルに向かう。今日は国内移動だから、よっぽどのアクシデントがない限り、3時間くらいで到着するだろう。たぶん・・・(^^;)

12世紀から14世紀にかけて、第二次ブルガリア帝国の都として栄えたブルガリアの古都。その独特の街並みは東ヨーロッパでも際立つ美しさ・・とか書いてあったので、ぜひ行ってみようと思った。次に行くつもりのルーマニアにも近づくから一石二鳥だ。オレは相撲に詳しくないのでネットで知ったのだが、相撲取りの琴欧州の故郷もこのヴェリコ・タルノヴォということだ。ソフィアはブルガリアの首都で人口124万人。ヴェリコ・タルノヴォは9万人という小さな小さな街だ。

ソフィアのバスターミナルをほぼ定時に出発し、小高い丘が続くブルガリアの田舎の風景をバスは快適に走る。

f:id:letsenjoyhappylife:20190720013345j:plain

 この黄色い部分はひまわりだ。ブルガリアはひまわりが多い。特産物?よく知らないが黄色い畑が眩しく輝いている。今日はほんとうに順調に何事もなくヴェリコ・タルノヴォに到着した。バスターミナルから宿まで約2㎞ある。バスもいない(^^;) タクシーは何台か待機しているがタクシーはあまり乗りたくない。まあ昼間だし、仕方ない歩くか。ゆっくり歩いていく。しかしここヴェリコ・タルノヴォは坂が多い街。基本的にずっと登坂だ。ズシっと背中に食い込む荷物を背負っているので坂道は辛い。汗が噴き出してくる。朝のヨーグルトのパワーが取れなかったのが原因か?朝食抜きなのでお腹も相当空いてフラフラしてきた。もう店らしい店も無い。さっきのバスターミナルで何か食べておけばよかった・・(^^;)

f:id:letsenjoyhappylife:20190720013657j:plain

f:id:letsenjoyhappylife:20190720013756j:plain

歩きにくい石畳の心臓破りの急階段を上り終えたところで息絶えた。もう歩けない・・(^^;) 宿まではもう少しだと思うが、もう空腹と疲労でフラフラだ。しかし食べ物を売っている店は見当たらない。よろよろしながらのろのろと一歩一歩前に進む。

f:id:letsenjoyhappylife:20190720013923j:plain

もう限界だ~と思った時、前方に赤いテント。あれはレストランか?とりあえずそこまでは這ってでも行かないと!!

お!レストランだ!入口をそっと覗くと怖そうなタトゥーのマッチョお兄さん(^^;)

周りのお客さんは皆ドリンクを飲んでいてご飯は食べていない。もう3時だしね・・

もう限界を超えている。オレは手を口に持っていき、ジェスチャーと拙い英語でCan I eat something? Okayと言ったので中の一番小さなテーブルに座った。

メニューをくれたのだが英語表記もあるものの、英語を読んでもあまり想像もできない。ええい!もう何でもいいから頼んじゃえ!!とやけになった時、この店でアルバイトをしている女の子が「日本人ですか?」えーーーー!こんなとこに何で日本語話せるブルガリア人がいるの?しかもかなりベラベラじゃん~(*_*)

聞くと彼女の名前はミハエラ。大学で日本語を専攻していて日本にも1年留学してたとのこと。JLPTという日本語能力試験でN2を持っている。N5からN1までランクがあって、N1が一番上なんだけどN2でもかなり優秀だ。

まだランチも食べられるよ。とランチメニューを持ってきてくれ、一つ一つ、これはスープでとか、これはこういう料理でとか、まるで日本人と話しているように日本語で説明してくれる。もう何でもいいから頼んじゃおうと思ってたところに、女神様が現れたのかと思った~(笑)

しかもそのランチ、めちゃめちゃ旨かった。ヨーロッパに来て一番旨かったぞ~♪

まあめちゃめちゃ腹減ってたし、これまでろくなもの食べてなかったんだけどね(^^;)

f:id:letsenjoyhappylife:20190720015647j:plain

そうだミハエラに聞こう。この辺に

Guest House Malkia Interって名前のホテル探しているんだけど、知ってる?

あ、それここよ。この2階。えーーーーーー!!Σ(・□・;)

何から何まで驚きだ。ソフィアから人口9万人の小さな街に偶然来て、空腹で倒れそうになったところ、たまたまあったレストランに転がり込み、まさかこういう展開になるとは!ほんと、面白いことってあるもんだ~♪ ちなみに宿泊者はこのレストランで食べると20%引きになるんだって。この美味しいランチも値引きしてくれて450円になった~♪ ほんと不思議なこともあるもんだ。最高にラッキーな日になった!f:id:letsenjoyhappylife:20190722231828j:plain

ミハエラ!ありがとうね~。ほんとに助かったよ。ミハエラが女神様に見えたぜ(笑)