るんるんリタイア暮らし

57歳で34年務めた会社を退職。現在リタイア生活をエンジョイ中

ヨーロッパ旅 準備編(4)

さて、今回は飛行機の手荷物のこと。

今回の旅も当然エコノミーの最低料金なため、持ち込める荷物も最低レベルだ(笑)

従って機内持込手荷物だけで3か月旅をする。かなり量を抑えないとならない。

規定をオーバーすると高い超過料金を払わされるからだ!

 

今回利用する飛行機は、まず成田からパリの往復がロシアのアエロフロート

昨日モスクワで事故を起こし41人が亡くなった航空会社だ・・・(^^;)

恐ロシア・・・(^^;) どうぞ落ちませんように・・・(;^ω^)

後、パリからスペインのバルセロナまではブエリング航空バルセロナからハンガリーブダペストまでも同じくブエリング航空。聞いたことない・・(^^;)

最後、チェコプラハからフランスのリヨンに戻る飛行機はエールフランス

エアーフランスと言わずエールフランスというのがおフランスっぽい(笑)

まだ電車バスで移動するか飛行機を利用するか決めてない他国移動は沢山あるけど、とりあえず上記の路線は予約済だ~♪ 

肝心の荷物の規定だが・・・

アエロフロートは、機内持込手荷物はトータル10kg+機内預入荷物23kg。

ブエリング航空は機内持込のみ10kgだが、その規定サイズが50cm×40cm×20cmとちょっと特殊だ。他の方のブログを読んでいるとヨーロッパのLCCはかなり荷物の規定に厳しいと書いてあった(^^;)。この20cmというのはほとんどのキャリーバックには存在しない。25cmくらいはある。従ってキャリーバックはNGだ。だいたいこの規定サイズに収まるだろうバックパックで行くことに決定。バックパックはきっちりサイズが図れないのでだいたいは大丈夫だと書いてあった。ほんとかなぁ・・・(^^; あと35cm ×20cm ×20cmの小さなバッグも一つ持ち込めるようだ。

最後にエールフランス。機内持込手荷物は12kg(55cm×35cm×25cm)+身の回り品1個、やっぱりLCCではないエールフランスはさすがだ。また12kgがしぶい!最高!

でも、一番難しそうなブエリング航空を基準に荷物を考えなければならないので、総重量10kg、あとは小さめなショルダーバックにパソコンなど入れていくことに決めた。

昨日、とりあえず適当にバックパックとショルダーバックにおおざっぱに荷物を詰めてみたが・・・全部で12kg以上になってしまった~(^^;)

余裕をもって3kgくらいダイエットしないとならないが、パンツ一個減らしたってたかが知れてるし、ノートパソコンをやめれば1kg位減るけどそれはできないし・・・

たかが3kg、されど3kg。なかなか厳しいぞ~~~

今のオレの体重を測って記録して、ねえねえ、オレ体重3kg減らしたからそれで許してよ~って言ってもいいじゃんねぇ!!

体重は何キロあってもいいのも変だ~~(^^;)