るんるんリタイア暮らし

57歳で34年務めた会社を退職。現在リタイア生活をエンジョイ中

一階和室の床張り

玄関の廊下、一階和室もすべて剥がし、基礎の土に防湿シートと調湿材ゼオライトを撒く。一階部分はほぼ全部の床を剥がしてしまった(^^;)

面白いことがあった。一階和室の畳を剥がし、その下にある杉の荒板の釘を抜きながら一枚一枚剥がしていくと、根太と大引の隙間に5円玉があった。昭和40年代の五円玉だったので時期も一致する。間違えて落ちてしまったのか?それともわざと置いたのかは今更定かではないが、5円というご縁がなんだか嬉しい。床というのは一度蓋をしてしまうとなかなか見れないもんだ。この家だってもしかしたらオレは死ぬまで床下はもう拝めないかもしれない。オレはその横に平成の5円玉を並べて置いて床を塞いだ。

f:id:letsenjoyhappylife:20190326141314j:plain

f:id:letsenjoyhappylife:20190326141400j:plain

f:id:letsenjoyhappylife:20190326141442j:plain

f:id:letsenjoyhappylife:20190326141527j:plain

f:id:letsenjoyhappylife:20190326141718j:plain

和室の根太のピッチはご覧のように少ない。杉の荒板の代わりに合板をはめるのだが、荒板と同じ9mm厚の薄い合板しか使えない。だから根太を倍に増やして補強した。

本当は無垢の荒板を使いたかったんだけど合板の方が安いし便利だからね・・

時代の波には逆らえない・・・(^^;)

これで畳を戻してしばらく放置。畳の表替えは壁を塗った最後にする予定。