るんるんリタイア暮らし

57歳で34年務めた会社を退職。現在リタイア生活をエンジョイ中

戸建中古物件の購入

考えてみれば初めて家を買ったのは30代。73㎡の3LDKマンションだった。

その後それを売却し、60坪の土地を購入し戸建を立てた。

一応自分自身で設計した家だったのでとても思い出がある。

その後離婚し、自分は会社の近くのワンルームマンションに住んでいたが、退職と同時に地元千葉に戻り、安アパートを借りて住んでいた。

どうせ自分ひとりだし、ワンルームのアパートでおおきな不満はなかったのだが、老いていくこの先のことを考え、持家を持っていた方がいいのか、それとも賃貸の方がいいのか、ずっと考えていた。ネットでもそういった記事をよく読んだ。

持家ならば当然家賃を毎月払う必要はない。小さな土地の古い戸建なら、場所にもよるだろうが固定資産税等はせいぜい年間数万円程度だろうから家賃の比ではない。

ネットの記事を読むと、戸建の修繕は自分自身の責任で行わないとならないのでそれ相当のお金がかかるということが書かれていた。まあ当然だろう。

歳とったらマンションが楽でいいという記事も多かった。しかしマンションは毎月の修繕積立金や共益費が下手をすると安アパートの賃料くらいかかる。それを一生払い続けるのであれば、安アパートの方が圧倒的にコスパは高い。

要するに結論としては、

賃貸安アパートは狭くて多少不満はあるが一番経費的に安い。

マンションは購入費以外に毎月それ相当の経費が掛かるが、暮らすには楽。

戸建は、購入後の修繕リスクはあるが、それ以外の経費は多くない。

そんなイメージだろうか?

オレの結論は、このまま安アパートで暮らすか、安い戸建を見つけて買うかのどちらかという考えに至った。

しかもオレはすでにリタイアしているので銀行ローンは組めない。従って現金購入となるためせいぜい500万~600万円くらいしか予算はない・・(^^;)

当然戸建を購入すれば貯金がその分減るため、損をするリスクはできる限り回避しなければならない。少なくても万が一の場合同等な金額で再販可能である必要がある。

それからは毎日、ネットで中古不動産情報をチェックし始めた。

不動産はこれから日本中でどんどん余って空き家が増えていく。駅から遠かったり山奥だったりする空き家は、主が亡くなった後相続した子供らもそこに住むことはできず、ただただ固定資産税を毎年払い続けるという全く無意味な足かせとなっていく。

市などに寄付して手放したいと思えば更地にしないと受け取ってくれないので、解体費用までかけるのであればと、1円でもいいから買ってくれとただ同然で売りに出る。

日本はそんな状況なのだ。

果たしてこんな情勢であっても、家を購入する方がいいのだろうか???

また日本は地震大国であるため、いつどこで大きな地震が発生してもおかしくない。

考えれば考えるほど家を買うなんていうのは、リスクの方が高いんじゃないか?と思えてならない。

それでも毎日中古不動産情報を検索していると、お~これなんかいいんじゃないか?とか、ちょっと実際に見てみたくなったりする。(笑)

自分は千葉県育ちだから、自分がよく知る地域しか検索しない。実際の住みやすさや最寄り駅などのイメージを見知らぬ土地では想像ができないからだ。

見てみたくなる物件があるとすぐに販売先に連絡を取って見に行く。こっちはすでにリタイアしているので平日だろうがまったくいつでも自由に行動できる(笑)

これまで買うかかなり悩んだ物件も数件あったが結果としては買わなかった。結構慎重だ。そりゃそうだ(笑)

しかし・・・とうとう買ってしまった!!ハンコを押してしまった!

うーーーー(^^;) もう後戻りできないぞ~(^^;)

つづく・・