るんるんリタイア暮らし

57歳で34年務めた会社を退職。現在リタイア生活をエンジョイ中

ただいま~マレーシア

タイ・チェンマイベトナムホーチミンと旅して再びマレーシア・クアラルンプールに戻ってきました。

同じドミトリーに泊まっているのでホステルの人とも顔なじみですし、まだいるんだ~とずーと長期滞在している人もいます(笑)

マレーシアはタイやベトナムと比べるとまず宗教が違うことが一番の違いでしょう。マレーシアはご存知のとおりイスラム教の国です。食べ物もムスリムの方々は豚肉は食べませんしお酒もダメです。モスクにお祈りしに行くのが日課でもあります。しかしマレーシアはマレーシアンチャイニーズと言って中国系の方々も住んでいます。またインド系の人もいます。大きく分けてこのマレー系、中国系、インド系の3つの人種が暮らしています。従って中国系の方は豚肉大好きですし、お酒も売ってないということではありません。日本のように住んでいるのはほぼ日本人という国とはぜんぜん違います。

異なる人種が同じ国に暮らすのですから、そりゃ~いろいろと問題もあるとは思いますがそれでも仲良く共存しています。(見た目には)

日本も将来多くの外国人移住者や難民を受け入れる可能性だってないとは限りませんが、これまでのように日本人だけの考え方で日本人だけを優遇する政策は難しくなるかもしれません。

マレーシアのような多民族共存国家から学ぶことも必要かもしれません。

例えば、テレビをつけるとマレー語のチェンネル、中国語のチャンネル、英語のチャンネルなどがあります。日本のようにすべて日本語のチャンネルしかないという国とはずいぶん違いますね。

またクアラルンプールは洗練された大都市です。そういう意味ではバンコクホーチミンより先進国化は一歩リードしていると思われます。バイクより車社会ですし。

f:id:letsenjoyhappylife:20190312130340j:plain

有名なペトロナスツインタワー。ライトアップした夜がきれいです。

それとイスラムのデザインはとても素晴らしいものがあります。美術的なセンスはあまり持ち合わせていませんし、詳しいこともわかりませんが、ヨーロッパなどの西洋の街並みやデザインと東洋のデザインが対照的に異なることと同じく、もう一つ世界にはイスラムのデザインが優れていると思います。

もし、クアラルンプールを訪れたらいろいろ街の建築物などのすばらしいデザインを見て歩くだけでも楽しいですが、イスラム美術館にも行かれるといいですよ。

パサールセニやクアラルンプール駅から散歩がてら歩いて行くことも可能です。

f:id:letsenjoyhappylife:20190312131407j:plain

イスラム美術館。美しいデザインがいっぱいです。

f:id:letsenjoyhappylife:20190312131332j:plain

デザインは宗教の影響が大きいのでしょうか?

f:id:letsenjoyhappylife:20190312131551j:plain

イスラム美術館はけっこうガラガラでした。

最後にモスクも素晴らしいので見に行くといいと思います。

お祈りの中までは入れてくれませんが、モスク自体は誰でも入れます。ただし女性は露出の高い服ではダメなので各モスクで上に羽織る着るものを無料で貸してくれますのでそれを被ればいいでしょう。

特に綺麗で感動したのは、マスメットジャメ。

ここは必ず夜暗くなってから行ってください。すごく幻想的でロマンチックですよ。

f:id:letsenjoyhappylife:20190312132127j:plain

宗教については何もわかりませんがこの美しさは半端じゃないです

シャーアラームにあるブルーモスクも壮大ですが、このマスメットジャメの夜のブルーにライトアップされたモスクは今でも目に焼き付いて離れません。何度も言いますが夜日が落ちてから行ってくださいね。おすすめします。

さて、もう計画していた東南アジア3か月の旅はすべての国を回ってしまい、あとはだらだらとマレーシアで過ごすだけになりました。正直クアラルンプールはタイやベトナムのような活気はなくいい意味でも落ち着ている雰囲気ですので、長期滞在しているとちょっと刺激が足りなくなってしまいます。

ドミトリーの自分のベッドで何気なくエアアジアのホームページを見てたら、バリ島まで2500円で行けると!ちょっと驚いたのと急にマレーシアを出たくなって、スマホでポチしてしまいました(笑)

2500円で購入したチケットの出発日は12月31日でした~(笑)